建築基準法という法律

住宅関連で必要な法律知識

建築基準法という法律について

ある土地を購入してそこに住宅を建築しようと考えている場合には、建築基準法と言う法律をしっかりと確認をすることが重要です。ある土地の場合には3階建ての家を建てることができても、その場所からほんの僅かしか離れていない場所が2階建ての家までしか建てられない場合もあります。そういったことは建築基準法と言う法律が大きく関わって来るので、ある土地に住宅を建築する場合にはそれをよく確認することが大切です。できれば土地を購入する前の段階でそのことについて確認しておいた方が良く、そうすれば後で後悔することもないです。ですからその点は十分によく考えて行動するようにした方が良いです。

プロになるには建築基準法が必須

日本は法治国家です。住宅を一つ建てるにも、法令に従った行為が求められます。建築のプロである建築家を目指すためには、建築基準法をとことん学ばなければなりません。この法律は、文字通り建築の基準を定めたものであり、プロである以上は熟知している必要があります。建築士試験でも建築基準法の出題が80%程度を占めており、その重要性が分かります。地震や津波、洪水など災害が多く発生する日本にとって、災害に強い住宅づくりは必然といえます。専門家以外の方にとっても、とても重要であるこの法律を是非学んでいただきたいと思います。

↑PAGE TOP